So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

ウィーン交響楽団 2010年日本公演(大阪) [クラシック]

そんなわけで、久々更新です。

最近、ゲームもやっていないし。映画も観ていない為
ネタもあまりなく。ブログから遠ざかっておりました・・。

そんな先日。

ウィーン交響楽団のコンサートに行って参りました!


0528 012.JPG



5月26日(水) 大阪 ザ・シンフォニーホール 19時開演


生オケ3回目のくせに、カラヤンも首席を務めたという外国の名門オケ。
しかもS席しか残っていなかったので、贅沢にもS席にて鑑賞です。

今回は、曲目とソリスト。そして外国のオケに惹かれて、行きました。
ヴァイオリンのソリストは五嶋龍さん。


プログラム

ブラームス
大学祝典序曲 Op.80

☆ブラームス
ヴァイオリン協奏曲 二長調 Op.77 
ヴァイオリン:五嶋龍

☆ベートーヴェン
交響曲第7番 イ長調 Op.92


☆アンコール


0528 013.JPG





ブラームスのバイオリン協奏曲は好きなんですが、それのソリストに五嶋龍さん
加えて、ベートーベンの交響曲7番

とあらば、行かねばなるまい!

ホントにね。素晴らしかったです。

特に交響曲7番。第4楽章まで30分以上あるのに、
なんてあっという間なその時間。

私がCDでよく聴いてる、7番の第1楽章はスタートからテンポが速くて。
それが結構好きなのですが、
ファビオ・ルイジが指揮するウィーン交響楽団はちょっとゆっくり目のスタート。
でも一番盛り上がる部分ではテンポを上げてきたり。

小さい音の所は限界まで小さくさせて、盛り上がる部分で最大の音を。
って感じです。

あと、第4楽章のスピード感もすごかった。
シロウトなので、その言葉しか思い浮かばないのですが
心の中で何度も「すごい!ホントすごい!」とつぶやいておりました。

もちろん、五嶋龍さんのヴァイオリン協奏曲も素晴らしいです。
惜しむらくはS席なのに2階席だった事。
もっと近くて超絶技巧のヴァイオリンを見たかったな~。
nice!(11) 
共通テーマ:音楽

美しき世界。 [コンサート]

及川光博ワンマンショーツアー2010「美しき世界。」

大阪国際会議場 メインホール
5月5日(水)17時30分開演



0505 002.JPG



0505 003.JPG


GW最後の1日は、ミッチーのコンサート。
「相棒」ファンの母が行きたいというので、付き添いです。


私は元々、翌日が仕事の場合は基本、家で休息していたいタイプ。
今回も最後の1日はゆっくりするつもりだったのですが。

まぁ。これも親孝行のひとつだと思って。
半ば仕方なく。ではありました。

なので、CDとか一切聴いていないし、曲とかも全く知らない。

そんな状態。

でもとりあえず。いろんな意味で驚きのコンサートでありました。

何がスゴイって、まず客席の一体感がすごいんです。ホントびっくりする。

もちろん。

どんなコンサートにも曲によって、決まりのフリとか合いの手があると思うんですが。


合いの手とかフリ程度じゃなくて、曲と一緒にみんなが踊ってるんです。
あの一体感は壮観でしたね~。
覚えて参加出来たら、確かに楽しいと思う。

アンコールの曲では、みんな手作りポンポンを持参で、それ持って踊る。
みたいな。
手作りポンポンなんて、中学の体育祭以来作ってないし。
そんな小道具が必要だなんて存じておりませんでした。


そして、ミッチーはやはりミッチー。

最初の衣装が、キラキラの王子っぽかったし。
客席のみんなの事を終始「ベイベーたち」と呼ぶので、いちいち面白いのです。
ミッチー流に言うと、私は初心者ベイベーでした。


あと、コンサートの合間に10分の休憩が入るのにも驚きましたね。


MCも面白いし、歌もうまいし。
初心者ベイベーでも、それなりに楽しめます。

もしも友達に「ミッチーのコンサートに1回行ってみたいねん」みたいな告白をされたら
付き合ってみても良いかも!?
nice!(10) 
共通テーマ:芸能

ペット王国2010 [イベント]

昨日(5/3)は京セラドーム大阪のペット王国2010に行ってきました。
GWに行くようになってから、もう5年目です。

今年は5月1日~3日の3日間。


去年同様、友人が車を出してくれたので、
旅行用のキャリーバッグ持参です。
GWだし、キャリーバッグ持ってても旅行かな。って思われる事でしょう。


今年はなんか、今まで以上にサンプル配布とかが少なかった気がしますね。
それこそ会場を歩けば、何かサンプルがもらえる。って感じだったのに。
不況だからかなー・・・。

それでも、まぁ。
無料の戦利品はこちら↓


0503 006.JPG



いつものエサと混ぜてしまったんですが、これ以外に、ビタワンのドライフード1.2kgも
ゲーム(1回100円)の景品でもらってます。
後ろに並んでるフードもビタワン(日本ペットフード)のもの。

さすが日本ペットフードさんは今年で50周年とあって、気前が良かったです。


今年はブログを書くつもりじゃなかったので、既に開封済みのモノもあったりするのですが、
昨日から「ペット王国2010」の検索ワードで、
辿りついてくださる方もいらっしゃるようだったので(←ありがとうございます(*≧へ≦*)
まだ未開封のものだけ、慌てて並べてみました。




あとは購入品ですねー。



犬用バームクーヘンと最中。4つで100円だったかな。
見た目は人間用と変わらないので。テーブルとかに置いていたら、
おばーちゃん(85歳)は間違って食べてしまいそうです。


もらえないのに見せびらかされてる図↓
0503 005.JPG



缶詰とレトルトは・・・。いくらだったか忘れた。
たぶん4つで100円とか200円です。



国産ジャーキーとチーズで500円


0503 003.JPG




これも国産ジャーキーで4つ200円
(2つ200円ですが、おまけします。といって2コつけてくれました)

0503 004.JPG



これはワゴンセールの商品。賞味期限間際なので1コだけ。

0503 007.JPG


安いので賞味期限と、国産かどうかは要チェックですね。
最終日は売り切れてる商品もありますが、売り切りたい出展者の商品は安くなってるし、
オマケもしてくれます。


そして、そろそろいらないけど、犬用にブランケットが300円
ペティオの首輪が500円


0503 002.JPG



お散歩の必需品、ポイ太くん。20枚入り100円です。



0503 001.JPG


100枚入りの箱はすでに売り切れ。20枚入りのもお昼すぎには完売してました。
かさばるけど、先に買っておいてよかったです。




おまけ。
これももらいました。210g入り。
うちにはニャンコはいませんが、猫を飼ってるご近所のおばーちゃんにあげる予定。


0503 008.JPG


今年もお買い得品をゲットできました♪
nice!(7) 
共通テーマ:ペット

茂木大輔の 生で聴く"のだめカンタービレ"の音楽会 [クラシック]

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
5月1日(土)16時開演





DVC00001.JPG




行ってきました!




茂木大輔さんはN響の主席オーボエ奏者
「のだめカンタービレ」の原作では取材協力もされていて、コミックの最後には
必ずお名前が入っています。ドラマ・映画・アニメではクラッシク監修も。



0501 002.JPG



私が行った1日の夕方で50公演目。という事で、記念の大入り袋ももらえました。
なんとなくラッキーな気分。






プログラム

☆モーツァルト
歌劇「ドン・ジョバンニ」K.527より序曲

☆ショパン
ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11

☆ブラームス
交響曲 第4番 ホ短調 Op.98



まさに今回の映画(後編)で、シュトレーゼマンがのだめを
世界デビューさせたプログラムの再現です。

生オケが2回目くらいのクラシックビギナーなので、
生で聴く「のだめカンタービレ」はもちろん初めて。

でも、このコンサートは初心者でもわかりやすいので、楽しいコンサートです。

オーケストラの後ろに大きなスクリーンがあって、
この曲が取り扱われた時の、原作シーンをスライドで写したり。

主題・展開部・再現部・コーダなどを曲に合わせて表示。
曲が作られた時の解説。例えば、若きショパンが故郷を旅立つときに作曲した。とか
淡い恋心を抱いていた女性を想って作曲した。とか。
バックボーンの解説が入ったりするので。興味深く聴ける感じです。

しかもサプライズのスペシャルゲストには
映画「のだめ」のマルレオケ・コンマスのシモン役の方が!

ああああ。オペラグラス持って行けば良かった・・。

そして、個人的にはなんと言ってもブラームス。

原作でも映画でものだめが演奏するピアノ協奏曲がメインなので
ブラームスの交響曲4番は、原作でもサラっとしか触れられていないし。
家にある、母所有のクラッシク100選(CD)にも入っていないので、
私も初めて聴いたのですが、すごく良かった。

彼の最後の交響曲だそうです。

第一楽章↓








アンコールは「のだめ」のテーマ曲でもあるベートーヴェンの交響曲7番。
抜粋ですが、手拍子も入ってとても盛り上がります。

クラッシックはいいですね~。とても良いコンサートでした。
nice!(7) 
共通テーマ:音楽

ウルフマン [映画]

観てきました!



ウルフマン.jpg



クレヨンしんちゃん。名探偵コナン。タイタンの戦い。そしてアリスにのだめ。


大作、話題作が目白押しだった先週末ではありますが。
観たのはウルフマン。


2時間前の時点で空席状況が二重丸の唯一の映画でした。

アンソニー・ホプキンスとベニチオ・デル・トロという、
二大オスカー俳優の共演に、事件を追う刑事には、
マトリックスシリーズの敵役が印象深いヒューゴ・ウィーヴィング(←エージェント・スミス

なにげに豪華な顔ぶれです。

満月の夜に変身してしまう、狼男の事は知っていても、
悲しい物語だったんだなーというのは初めて知りました。

でもまぁ。こういう結末しかないだろうな。というラスト。

そしてR15がついているので、じゃっかんグロいです。
久々にそんな映画を観たな~って感じ。

でもウルフマンに襲われたヒトは、だいたい一撃で死亡しているし、
動きが速いので、何がなんだかわからないウチに殺戮が行われ。
内臓的なものが地面に散らばっているって感じデシタ。

ちょっと「ぷ」と笑ってしまいそうになるくらいの余裕があったので
グロいのが苦手な私も、まぁ大丈夫でした。

それよりも音でビビらされます。
緊張感のあるシーンもそこそこあるので、そっちの方が怖かったかな。

ハンニバル・レクターが出てるっていうのに、そこはかとなくB級っぽくもなっていて。
ちょっと勿体無い感もする映画
タグ:ウルフマン
nice!(9) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。